自己PRは「結論→エピソード→目標」の順番で書く

エントリーシートなどの書類選考では、いかにビジネス能力があるかを印象付けるかが合否の分かれ目となります。サークル活動や海外留学、アルバイトといった経験自体は、それほど重要ではありません。それらの経験の中でどんな能力を発揮したのか、どんな能力を身につけたのかが、就職活動では重要となるのです。ですから「学生時代にどんなことを頑張ったか?」「あなたの長所は何ですか?」「挫折した経験はありますか?」という問いには単なる経験談を述べるだけでなく、ビジネス能力を印象付ける言葉を含めましょう。

といっても「私は行動力のある人間です」「独創的な発想力を持っています」と言うだけでは、何のアピールにもなりません。行動力や発想力があるのなら、過去の経験談を引き合いに出して、「この時、こんなことをしました」「このような発想で困難を切り抜けた」と説得力を持たせてアピールすることが大切です。ただしあまりにもアピールしすぎると単なる自慢にしかなりませんので、ビジネス能力があることをさりげなく印象付けましょう。

また文章を書く際には、読みやすいことを心がけるようにしましょう。字の巧拙は重要ではありません。字が下手でも丁寧に書くことが大切です。また長々と書いてまとまりのない文章も、書類選考(エントリーシート)では不合格とされるので要注意です。それぞれの一文は短く区切って書いていくと、要点の掴みやすい読みやすい文章になります。

そして自己PRの手順としては、先に「結論」を書き、続けてそれにまつわる「エピソード」を述べ、最後にそれに関連した「今後の目標」などで締めくくると、魅力的な自己PRを行うことができます。以下を参考にして、あなたの自己PRを考えてみてください。

○冒頭部分:結論を端的に書く。「私の長所は○○です」「私には○○の能力があります」
  ↓
○中盤部分:冒頭に関連する具体的な経験談、エピソードを展開させていく。
      どんな困難を打開したか、どれだけ努力したか、どんな能力を発揮したか。
  ↓
○終盤部分:自分の持っている能力、学生時代に学んだことから、社会人として何を
      したいのか、何ができるのか。ビジネスでの目標を述べる。

「結論」「エピソード」「今後の目標」という順番で話を展開させると、流れのよい自己PRになります。またエピソードでは、あなたのビジネス能力を印象付けることが大切です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


内定のための情報収集

面接での話術をアップ

志望動機のアピールポイント

面接でのアピールの仕方

自己PRの書き方

エントリーシート作成術

自己PRの書き方のトップへ