最終面接で合格するポイント

最終面接を行うのは、主に役員や人事部長などです。中堅以下の企業などでは、社長自ら面接を行う場合もあります。この最終面接で審査されるのは、基礎学力や人間性、ビジネス能力、価値観、入社意欲の高さ、風格など、その学生の内面と外面の全てです。
評価の方法は、基本的には相対評価になる傾向が強いです。つまりA君とB君のどちらを採用しようか。誰と誰が会社で活躍してくれそうか、と学生同士を比較して選考します。
採用される人材としては、以下のような要素を備えている人になります。

・「経営的な視点や物事を変える力を持ち、高いビジネス能力を保有している人」
・「志が高く、ビジネスが好きな人。また志望動機が明確で入社意欲の高い人」
・「役員の若い頃に似ている人や、現在社内で活躍している社員と同じようなタイプの人」
・「表情や態度が明るく好印象で、また目に力がある人」    などです。

▼最終面接の一般的な評価項目(全ての項目に当てはまれば、最終面接に合格です)

・外見や立ち振る舞い、マナーなどが相手に好印象を与える人物か。
・社会人としての適切な言葉遣いで、自分なりの言葉で論理的に会話できているか。
・志望動機がはっきりしており、強い入社意欲が感じられるか。
・当社が第一志望か。
・当社が最重要視するビジネス能力A、B、Cを備えているか。
・他の学生にはない長所、能力、専門知識、セールスポイントを備えているか。
・視野の広さや器の大きさ、存在感など、将来性を感じる人材か。
・当社のカラーに合っており、共に働きたいと思えるような人物か。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


最終面接で合格するためには

グループディスカッション

2次、3次面接で合格する

就職面接合否のポイント

内定を獲得3つの準備

面接の合格の決め手

企業が求めている人材・能力

エントリーシートの目的とは?

最終面接で合格するためにはのトップへ