内定を獲得するためにやるべき3つのこと

就職活動を勝ち抜き内定を手に入れるためには、あなたの志望する企業が求めているビジネス能力が何かを知り、その能力が自分にあることをしっかりと自己PRすることです。
エントリーシートや面接での自己PRは、一人よがりな自慢話であってはいけません。経験談やトークの中に「私にはこんなビジネス能力があります」ということを踏まえることができれば、厳しい就職戦線を勝ち抜く可能性がぐんとアップするはずです。

内定を取るためには、自己分析をするよりも自己能力分析を行う方が効果的です。また面接では経験談を話すのではなく、ビジネス能力が幾つもあることをアピールすることです。
そして最終的には、「就職活動に対する姿勢」が合否の分かれ目になるでしょう。

なかなか内定が取れない人は、「いかに自分をアピールするか」ということに力を注ぎがちです。しかし、そうではありません。「相手(企業)が求めている能力が何かを知る」ことに力を注ぐべきなのです。相手が求めている能力を知れば、それが自分に備わっていることをアピールし、足りない能力があるのなら身につける努力をし、それを面接官にきちんと伝えればいいのです。これができれば、内定はあなたのものとなるはずです。

以下に内定を獲得するためにやるべきことを3点、挙げておきます。

(1)企業が求めているビジネス能力と、そのレベルを知ろう

就職活動をしていると、幾つも内定を取れる人と、なかなか内定のもらえない人が出てきます。たくさん内定がもらえる人は、どんな就職活動をしているのでしょう?
多くの内定を取れる人は、例えばサークル活動などで社会人の人と深いコミュニケーションを持った経験があり、企業が求める能力を認識している傾向があります。彼らは先輩OBに社会で必要とされる能力を聞き出し、その能力を身につけようと努力します。

「ビジネスで必要となるのは、一体どんな能力なのか」「職場で活躍している人達は、どんな能力を持っているか」「どの程度のレベルの能力が必要なのか」ということをOB訪問などで聞き出し、できるなら自分のエントリーシートを添削してもらったり模擬面接をしてもらい、自分にどんな能力が足りないかを尋ねてみましょう。実際にビジネスの現場で活躍している先輩方のアドバイスは、就職活動での大きな武器になるはずです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(2)志望動機に関わる情報と企業の情報を収集し、整理しよう

やはり徹底的に企業分析を行っている学生は、内定をたくさんもらっています。彼らは何度もOB訪問を行い、その業界の勉強をし、志望する企業の長所や他社との違いを見分け、その企業に関する様々な情報を収集し、整理しています。同時に自分はどんな仕事をしたいのか、どんなビジネスマンになりたいのかをしっかりと見つめています。

上記のことをきちんと行っていると、面接官に質問された時も、「御社のこんな部分に共感を持ちました」「自分にはこんな能力があるから、御社で活躍できるはずです」と堂々と応えることができます。たくさんの情報を集めることも、内定を取るためには必要です。

(3)自分に何が足りないのかを自覚し、それを身につける努力をしよう

企業側がどんなビジネス能力を求めているかが分かるようになれば、自分に何が足りないかが分かるようになります。現時点でたくさんのビジネス能力を持っている必要はありません。大切なのは、自分に何が足りないのかを理解し、それを克服する努力を行うことです。「御社で活躍するためには○○の能力が必要と考えますが、今の自分にはそれがありません。しかし現在、その能力を身につけるためにこんな努力をしています」ということを面接でアピールすることができれば、面接官に対して好印象を与えることができます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


最終面接で合格するためには

グループディスカッション

2次、3次面接で合格する

就職面接合否のポイント

内定を獲得3つの準備

面接の合格の決め手

企業が求めている人材・能力

エントリーシートの目的とは?

内定を獲得3つの準備のトップへ