面接術 ~面接官の質問と回答ポイント~

面接は自己PRの場ですが、単に自分の考えや意見を述べるだけでは内定を得ることはできません。大切なのは面接官がどんな意図で質問しているかを知ることです。面接官の意図、質問の狙いが分かれば、的外れな回答をして評価を下げることはありません。
面接官はあなたの何を知りたくてそんな質問をするのかを、例に挙げて紹介してみたいと思います。これから挙げるものは、どれも面接における一般的な質問ばかりですので、面接に臨む際には前もって考えておきましょう。ぜひ参考にして下さい。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5、あなたの興味・関心事に対する質問

(1)最近読んだ本で、最も面白かったものについて教えてください。

→あなたの物の考え方、価値観、興味の対象、関心の幅などを面接官はチェックします。
→普段どんな本を読んでいるかで、あなたの人間性が判断されます。

・「就職活動が忙しくて読んでません」では駄目。好奇心や意欲が低いと判断されます。
・就職活動関連の本を挙げるのも避けた方がいい。つまらない学生だと思われます。
・日頃から本を読んでおく習慣をつけておくことが、何よりも大切です。
・自分の趣味、興味、夢や目標に関連する本を挙げ、その面白さを伝えることが重要です。

(2)最近の出来事で、最も興味を持ったものは何ですか?

→社会に対する興味や関心の高さ、問題意識について面接官はチェックしています。
→あなたの物の考え方、価値観、興味の対象、関心の幅なども判断されます。
→一般論ではなく、自分なりの視点で物事を捉え、分析し、意見を持っているか。

・日頃から社会に対する興味や関心、問題意識を持っておくことが重要です。
・自分の夢や目標、性格、考え方、価値観、職業観と関連する内容を語りましょう。
・社会の様々な問題に対し、自分の視点で自分なりの意見を言えるように心がけよう。


(3)今朝の新聞で特にあなたの目を引いた記事について教えてください。

→自分なりの視点で物事を捉え、分析し、自分なりの意見を持っているか。
→社会に対する興味や関心の高さ、問題意識について面接官はチェックしています。
→あなたの物の考え方、価値観、興味の対象、関心の幅なども判断されます。

・新聞を毎朝読むのは社会人の常識。きちんと新聞を読む習慣をつけておきましょう。
・社会の様々な問題に対し、自分の視点で自分なりの意見を言えるように心がけよう。
・社会人としての高い意識を持ち、幅広い視野で情報を捉えることが大切です。

(4)何か質問しておきたいことはありますか?

→当社について、仕事について、業界についてどこまで真剣に考えているかの質問です。
→どれだけ内容の濃い質問をするかで、あなたの知性や意識の高さが判断されます。

・面接の最後に必ずといっていいほど行われる質問なので、必ず考えておくように。
・面接の最初にいきなり質問される場合もあるので、事前に準備して慌てないように。
・「特にありません」は避けること。またあまりにも一般的で平凡な質問も良くない。
・志望意欲、入社意欲の高さが問われている質問です。自分のやる気や志望意識、意欲
 の高さをアピールできるような質問ができれば、高評価につながります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


面接の質問、興味、関心事

面接の質問、現在の就職活動

面接の質問、職業観や将来性

面接の質問、あなたの経験

面接の質問、あなたの人間性

面接の質問、興味、関心事のトップへ