面接術 ~面接官の質問と回答ポイント~

面接は自己PRの場ですが、単に自分の考えや意見を述べるだけでは内定を得ることはできません。大切なのは面接官がどんな意図で質問しているかを知ることです。面接官の意図、質問の狙いが分かれば、的外れな回答をして評価を下げることはありません。
面接官はあなたの何を知りたくてそんな質問をするのかを、例に挙げて紹介してみたいと思います。これから挙げるものは、どれも面接における一般的な質問ばかりですので、面接に臨む際には前もって考えておきましょう。ぜひ参考にして下さい。

2、あなたの経験に対する質問

(1)学生時代に頑張ったこと、努力したことは何ですか?

→どんなことに情熱を注ぎ、どんな目標を立ててどんな工夫をしたかを面接官は見ます。
→あなたがどんな価値観を持ち、どんなことに一生懸命になれるかをチェックします。
→どんな内容をどんな風に語るかで、あなたの頭の回転力やかしこさを判断します。

・頑張ったこと、努力したことを具体的なエピソードで語る必要があります。
・どんな困難に直面し、どんな工夫をして乗り越えたかを語ることも重要です。
・その経験から何を学び、何を得たのかもまじえて話をすることも大切です。

(2)学生時代にどんなアルバイトをしましたか?

→あなたがどんな経験を積み、どんなことを学んできたかを面接官は見ています。
→「なぜそのアルバイトを選んだのか?」という質問から、目的意識の高さも判断される。
→あなたの人間性や人間関係構築力、社会人としての意識なども問われています。

・大切なことは「仕事に対する姿勢・取り組み方」をアピールすることです。
・仕事を通してどんな困難に直面し、どんな工夫をして乗り越えたかをアピールしよう。
・仕事を通してどんな人間関係を築き上げてきたかを、話に絡めることも重要です。
・アルバイトで学んだことを社会人としてどう活かせるかがアピールできると高評価です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(3)学生時代に最も心に残ったことは何ですか?

→あなたがどんなことに関心を持ち、どんなことに感動するのかが判断されます。
→あなたの人間性や価値観、生き方、物の考え方についても面接官は見ています。

・本当に感動したことについて、本音で語ることが大切です。嘘は見破られます。
・なぜそれが心に残ったのかという理由についても、話をするようにしましょう。
・あなたの人間性や価値観、生き方、物の考え方が問われます。真剣に語りましょう。

(4)人生の中で最も嬉しかったことについて教えてください。

→あなたの人間性や価値観、生き方、物の考え方などを面接官は見ています。
→あなたが努力したこと、目標を達成したことなどについて知りたがっています。
→どんな内容をどんな風に語るかで、あなたの頭の回転力やかしこさを判断します。

・あなたの人間性や価値観、生き方、物の考え方をアピールできる話をしましょう。
・なぜそのことに対して嬉しいと感じたのか、その理由についても触れましょう。
・あまり長々と話をしない。30秒程度で、ゆっくりと分かりやすく話をすること。

(5)人生の中で最も一生懸命になったことについて教えてください。

→どんなことに情熱を注ぎ、どんな目標を立ててどんな達成をしたかを面接官は見ます。
→あなたがどんな価値観を持ち、どんなことに一生懸命になれるかをチェックします。
→どんな内容をどんな風に語るかで、あなたの頭の回転力やかしこさを判断します。

・一生懸命頑張ったこと、努力したことを具体的なエピソードで語る必要があります。
・どんな困難に直面し、どんな工夫をして乗り越えたかを語ることも重要です。
・その経験から何を学び、何を得たのかもまじえて話をすることも大切です。
・あなたの人間性や価値観、生き方、物の考え方をアピールできる話をしましょう。

(6)人生の中で最も悲しかったこと・辛かったことは何ですか?

→あなたの人間性や価値観、生き方、物の考え方などを面接官は見ています。
→あなたがどんな壁にぶつかり、乗り越えてきたかについて知りたがっています。
→どんな内容をどんな風に語るかで、あなたの頭の回転力やかしこさを判断します。
→きつい仕事、しんどい仕事にも耐えられるか、あなたの精神力も判断されます。

・あなたの人間性や価値観、生き方、物の考え方をアピールできる話をしましょう。
・なぜそのことに対して辛い・悲しいと感じたのか、その理由についても触れましょう。
・失敗したことを隠す必要はない。その経験から何を学んだかをアピールすること。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(7)人生の中で挫折した経験を持っていますか?

→あなたがどんな経験をし、どんな挫折を味わって何を学んだかが問われています。
→その挫折と向き合い、どうやって乗り越えてきたのかを面接官は見ています。
→あなたの人間的な強さ、精神力、耐久力なども判断されます。

・過去にどんな挫折を味わって、そこから何を学んだかを話すことが重要です。
・なぜその挑戦が挫折に終わってしまったのか理由も語ること。分析力が問われます。
・自己PRになるような挫折経験を、面接では披露するようにしましょう。

(8)あなたの特技は何ですか?

→この学生は何が得意なのか、どんな能力があるのかを面接官は見ています。
→あなたの一生懸命さ、物事に対する興味の幅、好奇心についても問われています。
→その特技がどの程度のレベルなのかについても問われます。

・どれだけ一生懸命になり、どれだけのレベルに達したかの話をしましょう。
・あなたの興味や関心事、経験、人間性をアピールできるような話をしましょう。
・その特技がビジネス社会でどう活かせるかについて話すと、高い評価をもらえます。

(9)あなたの趣味は何ですか?

→どんなことに関心を持ち、どんな経験を積んできたかが問われています。
→物事に対して積極的な性格をしているか、あなたの人間性もチェックされます。
→趣味を通して何を学んだか、どんなスキルを手に入れたかも面接官が見ています。

・どれだけのめりこんだか、その趣味の面白さについて語りましょう。
・「映画鑑賞」「音楽鑑賞」「読書」というのは一般的すぎるで、別の趣味を語ろう。
・あなたの外見からは想像できない趣味を語ることで、「意外性」のアピールになる。

(10)学生時代、どんなサークル活動を行ってきましたか?

→サークル活動を通して何を学び、何を得たかを面接官は知りたがっています。
→サークル活動において、あなたがどんな立場でどんな役割を果たしかが問われます。

・単なる経験談ではなく、サークル活動を通して何を学び、何を得たかを話しましょう。
・サークル内で、あなたがどんな立場でどんな役割を果たしたかを語ることも重要です。
・なぜそのサークル活動を行おうと思ったのか、理由についても質問されます。

(11)なぜそのサークルをしようと思ったのですか?

→あなたの目的意識や価値観、物の考え方などを面接官は見ています。
→どんな意識でサークル活動に参加していたのか、情熱、姿勢、こだわりも問われます。

・なぜそのサークルをしようと思ったのか、その理由を簡潔に分かりやすく話そう。
・さらにサークル活動に対する姿勢や情熱、想いなどを絡めることも大切です。
・サークル活動を通して何を学び、どんなことを達成して何を得たかを話しましょう。

(12)サークル活動で最も楽しかったこと/辛かったことは何ですか?

→サークル活動を通してどんな経験をし、どんな挫折を味わったのかが問われています。
→サークル活動でどんな壁にぶつかり、乗り越えてきたかについて知りたがっています。
→サークル活動を通して何を学び、何を得たかについても面接官はチェックしています。

・サークル活動を楽しむために、どんな工夫・努力をしたかについて語りましょう。
・辛かったことや困難に直面した際、どんな工夫をして乗り越えたかを話すことも大切。
・サークル活動を通して何を学び、どんなことを達成して何を得たかを話しましょう。

(13)あなたの人生に最も大きな影響を与えたのは誰ですか?

→あなたの本質、価値観、特性、性格、考え方、生き方を確かめるための質問です。
→あなたの周囲にどんな人がいて、どんな人と付き合っていたかが問われています。
→その人物からどんな影響を受け、何を学び、何を得たかについてもチェックされます。

・あなたの本質、価値観、特性、性格、考え方、生き方をアピールできる話をしよう。
・その人物からどんな影響を受け、何を学び、何を得たかについて語ることが重要です。
・恋人や交際相手の話をする場合は、表現や雰囲気によほど注意しなければ危険です。

(14)学生時代にどんな勉強をしてきましたか?

→面接官はストレートに「何を学んできたか?」を知りたがっています。
→どんな勉強に取り組んだのか、目的とその理由、動機についてもチェックされます。
→あなたの学習に対する姿勢、また学んだことをどう仕事に活かせるかも判断されます。

・自分が最も力を入れて勉強したことを語ろう。できれば学科の専門分野から。
・学生時代に学んだことを、これからの仕事にどう活かせるかを話すことも重要です。
・あまり誇張して話すと、深く質問されたときに答えられなくなるので注意しましょう。

(15)ゼミでは何を勉強しているのですか?

→なぜそのゼミを選んだのか、あなたの動機や目的意識を確かめるための質問です。
→ゼミ活動を通して何を学び、何を得たかについても面接官はチェックしています。
→ゼミ活動に対する姿勢、またあなたがどんな立場でどんな役割を果たしかの質問です。

・なぜそのゼミで勉強しようと思ったのか、の動機や目的意識を明確に語りましょう。
・ゼミ活動を通して何を学び、どんなことを達成して何を得たかを話すことが重要です。
・またゼミ活動で得たことが、今後ビジネスの世界でどう活かせるかにも触れましょう。

(16)卒業論文のテーマについて教えてください。

→選んだ研究テーマからあなたの物の考え方、価値観、意識の高さが判断されます。
→あなたの勉強に対する姿勢、好奇心、興味の深さについてもチェックされます。

・卒業論文のテーマについて、簡潔に分かりやすく話すことが大切です。
・なぜそのテーマを選んだのか、その目的や理由についてもきちんと説明できるように。
・どんなビジョンで、どんな計画で、どんな手順で行うかを語ることも忘れずに。
・まだテーマが決まっていない人は、計画や方向性について話をするようにしましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(17)体力に自信はありますか?

→あなたの耐久力、忍耐力、根性、我慢強さ、持続力についての質問です。
→面接官はストレートに、「あなたに体力はあるか?」を知りたがっています。

・スポーツを通して、継続的な体力が身についていることをアピールしましょう。
・体力、精神力、耐久力、忍耐力、持続力があることを具体的なエピソードで話すこと。
・「あまり体力はありません」というのは禁句。体力をつける努力をしましょう。

(18)何か資格を持っていますか?

→あなたの能力、スキル、どの程度の能力を持っているかについての質問です。
→あなたの目的意識や向上心、好奇心、こだわり、積極性などを面接官は確かめています。

・なぜその資格を取ろうと思ったのか、理由や目的、こだわりについて話しましょう。
・あなたの資格、能力が今後ビジネス社会でどう活用できるかを語ることも重要です。

(19)あなたの英語力を教えてください。

→英語がどれだけ使えるのか、語学に対する意識の高さを面接官はチェックしています。
→組織のリーダーとしての将来性があるか、あなたの本質についても問われています。

・嘘をついてはいけません。あなたの英語力を正直に話すことが大切です。
・資格を持っているのならそれをアピール。また社会でどう活かせるかも話しましょう。
・「苦手です」「できません」は禁句。できない場合は、学習中であることをアピール。


面接の質問、興味、関心事

面接の質問、現在の就職活動

面接の質問、職業観や将来性

面接の質問、あなたの経験

面接の質問、あなたの人間性

面接の質問、あなたの経験のトップへ