就職面接の前に知っておくこと

近年、新卒採用において、ビジネス能力を重視する企業が増えつつあります。つまり就職を希望する学生は、ビジネスで要求される「能力」「資質」があるか、を問われるようになっているのです。そのため就職活動を行う学生さんは、企業がどんな能力を求めているのか、またその水準を、きちんと把握しておかなければなりません。

面接やエントリーシートの質問にも、「あなたの『これだけは他人に負けない』というものは何ですか?」「大きな困難を乗り越えた経験はありますか?」といった内容のものが増えています。企業はこれらの質問によって、ビジネス能力の有無を審査しているのです。

またこの他にも、「10年後のあなたについて」「当社の印象について」といった質問も増えています。これは就職を希望する学生が、その企業(業界)に対してどの程度の知識を持っているのか、また人生観や仕事観にどんな考えを持っているのかを確かめているのです。つまり企業に対し、自分自身に対し、しっかりとした考えとビジョンを持っていなければ、いくら人柄や学歴が優れていても、内定を勝ち取ることはできないということです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

就職活動を勝ち抜き、内定を手に入れるためには、企業が求めている能力が何なのかを正確に把握し、その能力が自分に備わっていることを企業側にきちんとアピールしなければなりません。もしこれらを理解しないままエントリーシートの作成や面接に臨むと、的外れな自己PRとなってしまい、内定を手に入れることは難しくなるでしょう。

もちろん学歴を重視する企業も存在します。なぜならビジネスで要求される「仕事の理解度の速さ」や「事務処理能力」は、偏差値が高いほど優れている傾向があるからです。
しかしビジネスで要求される能力は、発想力、マネジメント力、困難に打ち勝つ力、などこの他にも数多くあります。つまり学歴で負けていたとしても、その企業が求めている能力が備わっていれば、十分に採用を勝ち取ることはできるのです。また高学歴にあぐらをかいていると、どの企業からも採用をもらえないということにもなりかねません。

当サイトでは、無駄なく効率よく「就職活動で内定を勝ち取る面接・自己PR術」を紹介していきたいと思います。就職活動で内定を取るためには、面接力や自己PR術を磨かなければなりません。また的外れな自己PRにならないためにも、「企業が就職活動をする学生に何を求めているのか」を正確に理解しておく必要があります。

企業が求めている能力を知り、その能力が自分にあることをきちんとアピールすることができれば、内定はあなたのものです。学生の皆さん、就職活動がんばってください!
当サイトが、あなたの就職活動と内定獲得のお力になれれば幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

就職面接の前にのトップへ