面接合格に必要な情報収集のためのテクニック

(1)OB訪問で企業の有益な情報を聞き出す

競争率の高い人気企業などでは特に、OB訪問が内定の鍵を握っています。OBから有益な情報を聞き出すことに成功した学生は、その多くが内定を手に入れているという現状があるのです。そこでOBの探し方、OBから情報を聞き出すテクニック、また志望企業にOBがいない場合はどうすればいいのかを、これから紹介してみたいと思います。志望企業に合格するには、情報収集が重要です。有益な情報を手に入れ、内定をゲットしよう!

@OB訪問の目的とは……?

・あなたの志望する企業がどんな人材、どんな能力を求めているのかを聞き出す。
・その企業の事業内容や仕事、社風、特徴、経営戦略などを聞き出す。

上記のような情報を収集するために、OB訪問はやっておくべきです。有益な情報を収集しておけば、面接での自己PRの完成度を高めることができます。もし可能ならOBにエントリーシートの添削や模擬面接などをしてもらい、アドバイスなどをもらうとその企業での就職活動がさらに有利になります。そのためOBとの人間関係を築くことも大切です。さほど親しくないのに無理な要求をすれば、「身勝手な人間」と判断され、逆効果です。

OBと接触すれば、あなたの人間性が良くも悪くもその企業に知られます。きちんとマナーを守り、礼節をわきまえながら、OBに接するように心がけましょう。

もし志望企業にOBがいなくても大丈夫です。その場合は企業の情報を提供してくれる社員とコンタクトを取り、会社の様々な話を聞き出せばいいのです。就職活動中に知り合った他の大学の友人などに紹介してもらったり、その会社が経営している店舗などに足を運んで社員に質問してみるなど、方法は様々にあります。時と場合と状況をわきまえることは大切ですが、積極的にアプローチする精神を忘れてはいけません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

@OBの見つけ方・探し方・アプローチ方法

a、クラブやサークル、ゼミの先輩がOBなら、直接連絡を取って会ってもらう。
b、就職課の職員にOBを紹介してもらう→就職課からOBに連絡を取ってもらう。
c、就職課のOB名簿から連絡先をメモ→電話やハガキで連絡してコンタクトを取る。
d、アルバイト先の友人、先輩のOBを紹介してもらう→その人から連絡してもらう。
e、他の大学の友人のOBを紹介してもらう→友人からOBに連絡を取ってもらう。
f、親戚や近所、身近な人にツテがないかを調べる→その人からOBに連絡してもらう。
g、その企業のお店やイベントに足を運び、直接社員にアプローチをかける。

(2)OBの年齢や職種で情報は異なる

一言でOBといっても、様々な人がいます。入社二年目の人もいれば、入社十年目の人もいますし、企画職の人もいれば営業職の人もいます。年代や職種、業種によって、提供してもらえる情報は異なってきますし、情報量、職業観、視野の広さも違ってきます。

ですから一人のOBと話をしただけでは、その会社に関する情報を十分に集めたとは言えません。できるなら最初に話を聞かせてもらったOBの方に、別の社員を紹介してもらい、複数の社員の方から話を聞くようにしましょう。異なった年代、異なった職種の方から情報を仕入れることで、その会社の企業分析がより正確に行えるようになるはずです。

またたくさんの社員の方から話を聞いたというだけで、面接では「志望意欲が強い」「積極的で行動力がある」などの評価を得ることができます。さらにそこから企業分析を行い、自分の考えを述べることができれば、面接官はあなたのビジネス能力を高く評価します。

同じ業種の他社の社員に、志望企業について聞いてみるのも面白いかもしれません。ライバル会社の社員が自分の志望する企業をどう見ているのかが分かれば、企業分析の参考にもなるはずです。企業の情報はなるべく多くの人から仕入れることが、重要です。

@どんな社員がどんな情報を持っているのかは、下を参考にして下さい。

a、入社一年目の社員の場合……

まだ社会人としての経験がなく、仕事に関する情報はほとんど持っていません。エントリーシートの作成や面接対策に関しても、参考にならないケースがある。しかし就職活動を勝ち抜いた成功者として、就職活動に関する有益な情報を持っているはずです。情報収集の方法、勉強の方法、時間の使い方、その他経験談など役立つアドバイスがもらえます。

b、入社二年目~四年目の社員の場合……

まだ業界や会社について深く知らないため、仕事に関する情報はあまり深く教えてもらえない可能性があります。しかし学生と年代が近く若者の視点を持っているので、「若者の視点」から見た会社の長所や短所を教えてもらうことができます。また会社の雰囲気や仕事のやりがい、面白さ、大変さ、人間関係も若者の視点で語ってくれるはずです。

c、入社五年目~十年目の社員の場合……

その業界や会社に関してかなり精通しており、仕事に関する役立つ情報を提供してくれるはずです。また社内外に豊かな人脈を持っており、様々な部署の社員を紹介してくれる可能性があります。一方でリーダー経験やマネジメント経験にはまだ乏しく、より広範囲の視点で情報を提供する力には欠ける。採用選考やその企業が求める人材についても、正確に教えてもらうことはできないと思われる。

d、入社十年目以上の社員の場合……

入社十年を超えると、現場のリーダーとして活躍している方が多くなります。多くの部下を管理するマネジメント能力や、経営的視野を持っている方たちです。そのため業界や会社に深い知識を持ち、業界の動きや企業の特徴など内容の濃い有益な情報を聞きだすことができるはずです。さらには会社が求めている人材・能力や、採用選考に関する情報など、あなたの就職活動に役立つアドバイスをしてくれるに違いありません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(3)OBから役立つ情報を聞き出す方法

OB訪問をすれば、OBの方から役立つ情報を提供してくれる……なんてことはありません。あなた自身の手でOBの方から有益な情報を聞き出していかなければなりません。
そのためにはOB訪問をする前に、その会社に関する情報をできるだけ集めて勉強しておくことが大切です。しっかりと勉強していけばその熱意が社員の方に伝わり、内容の濃い話をしてくれるはずです。また何も下調べをしていない学生に対しては、社員の人も当然愉快な気分にはなれませんので、有益な情報を提供してくれるとは思えません。忙しい時間を割いて会ってくれるのだから、OB訪問の際にはきちんとした準備をしましょう。

社員の方は忙しいですので、OB訪問の時間は限られています。質問の仕方が下手だと役立つ情報やアドバイスがもらえず、OB訪問をした価値を低下させてしまいます。限られた時間で内容のある情報を収集するためには、質問の仕方も考えなければなりません。やはり重要なのは「会社が求めている人材・能力」と「その会社の業務内容や仕事」に関する情報です。この点に関しては、絶対に聞き忘れないようにしましょう。
OB訪問する際には、以下のような質問をすると役立つ情報が得られるはずです。

・御社が求めている人材・能力、人物像はどのようなものですか?
・入社後に活躍する社員は、どんな能力を持ち、どんなタイプの人間ですか?
・入社後はどのような仕事をすることになるのですか?
・20代半ばから後半にかけては、どのような仕事をすることになるのですか?
・御社は若手社員にどんなことを期待し、何を求めていますか?
・御社の持ち味は○○だと考えておりますが、実際はどうなのでしょうか?
・御社に必要な能力は○○と△△だと思いますが、この他にも何かありますか?
・御社の○○の分野で活躍するために必要な能力とは、どのようなものでしょうか?
・○○の分野では、具体的にどのようなお仕事をなさっているのですか?
・私は○○のような仕事をしたいと考えていますが、御社の方向性と一致していますか?
・御社は年功主義ですか? それとも実力主義ですか?
・最近、御社が力を注いでいる事業、プロジェクト、商品はどのようなものですか?
・御社は今後、どのような事業やプロジェクトに力を注ごうとお考えなのですか?
・ライバル会社の社員と比較して、御社の社員が勝っているのはどういう部分ですか?
・先輩はなぜこの会社を選んだのですか?
・この会社を選んでよかったと思うのは、どんな時ですか?
・今までの仕事の中で、一番大変だったこと、辛かったことは何ですか?
・先輩はどのような職業観、仕事に対する考えをお持ちなのですか?
・先輩が部下にほしいと思うのは、どういうタイプ、どういう能力を持った社員ですか?
・御社の○○という仕事は~~と認識しておりますが、実際はどうなのでしょうか?
・御社のあの商品は、どのようないきさつで生まれたのですか?

@OBにアポを取る時の一般的な電話のかけ方

「○○さんでいらっしゃいますか? はじめまして。私は先輩が卒業なさったA大学の後輩の△△と申します。現在、私は就職活動中で企業分析を行っているのですが、就職部で御社に先輩の○○さんがいらっしゃることを知り、ぜひ御社についてお話をうかがわせていただければと思い、お電話させていただきました。もしご迷惑でなければ近々、ご都合のよろしい時に一度お目にかかりたいと考えているのですが、いかがでしょうか?」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


内定のための情報収集

面接での話術をアップ

志望動機のアピールポイント

面接でのアピールの仕方

自己PRの書き方

エントリーシート作成術

内定のための情報収集のトップへ