エントリーシートは何のため?

就職活動の第一関門に、エントリーシートというものがあります。これはそれぞれの企業が独自に作成した質問です。ただ基本的にどの企業のエントリーシートでも、「なぜ当社を選んだのか?」「あなたの長所は何ですか?」など、志望動機や自己PRを問う質問が含まれています。企業がこのようにエントリーシートを学生に書かせる理由は、2つあります。

足きり

一つは足切りです。就職希望者を一人ひとり面接していては、あまりにも効率が悪すぎます。人気企業になると、一万人を超す応募者があります。中堅でも数千人単位の応募者が殺到する企業もあります。全員を面接している時間はとてもありません。そこでエントリーシートという「ふるい」にかけ、その企業の採用基準に達しない学生を落としていくのです。そして能力のありそうな学生に対してのみ、説明会や面接の日程を知らせるのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

面接時の資料

そしてエントリーシートのもう一つの目的は、面接時の資料として活用されることです。企業にとってエントリーシートは、貴重な「情報」です。面接に際して、企業側はあなたのエントリーシートに基づいて、様々な質問を行います。これは一次面接だけでなく、二次、三次、最終面接でも同様です。ということは、あなたが質問してほしい内容を事前にエントリーシートに書いておけば、面接を有利に進められるということですね。

@エントリーシートで、企業は以下のような要素をチェックしています。

・自己PR……学生時代に頑張ったこと、あなたの長所(短所)、あなたの強み など
・志望動機……なぜ当社を選ぶのか(希望業界、希望職種についても問われます)。
・職業観……10年後にどうなっていたいか、会社(仕事)選びの基準について。
・思考力……上記の内容を論文形式で問うことで、思考力や発想力をチェックしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
有利な転職方法があります。案件がそれぞれ違うので比較しよう
<PR>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最終面接で合格するためには

グループディスカッション

2次、3次面接で合格する

就職面接合否のポイント

内定を獲得3つの準備

面接の合格の決め手

企業が求めている人材・能力

エントリーシートの目的とは?

エントリーシートの目的とは?のトップへ